バラというと真っ先に思い浮かべ

バラというと真っ先に思い浮かべる真紅のそれとは違い、白や黄色の可憐な花を咲かせるモッコウバラ。日本の家屋にもよく合う姿と、育てやすさで人気となっています。あまりにも身近なため、モッコウバラだと意識せず普段から目にしている花がそうだった、なんてこともあるはずです。1991年10月23日。秋篠宮眞子様のご生誕です。モッコウバラは眞子様のお印と定められました。お印とは、日本の皇族が用いる徽章。身の回りの品などに用いられる、トレードマークのようなものです。お印はご生誕から7日後の命名の儀で、名前とともに発表されます。中国原産のモッコウバラが日本に伝わったのは江戸時代。当時日本を訪れたドイツ人医師、エルゲルト・ケンペルも日本でバラが栽培されていたことを記録に残しています。一般のバラのイメージとは少し違う白や黄の八重咲きの花は、当時の日本の家屋にもよく似合ったのではないでしょうか。香りがないのに木香、とげがないのに茨。神秘的なモッコウバラに心惹かれるファンは少なくありません。そんなモッコウバラの花言葉は「純潔」「あなたにふさわしい人」「初恋」「幼い頃の幸せな時間」――。モッコウバラはやはり、妖艶な真紅のバラとはどこか違う魅力に満ち溢れています。


RSS関連リンク
次の内閣もすぐ行き詰まる逆転国会の
● 次の内閣もすぐ行き詰まる逆転国会の宿命 2007年09月16日10時00分 そもそも、安倍が辞めて新しい内閣が発足したところで、参院で野党が多数を占める“逆転国会"の構図は変わらない。与党が大多数を占める衆院でい くら法案を通しても、民主党

夏の記憶 花火・・
記憶 花火・・...カップ 工房 大倉陶園 花火 豆は、モカ 香りの中 酸味を楽しんで下さい。。。今朝の画像は、ピンクのミニバラ 輝くように咲きます 大きめに挿入しました 画像を ...>>大倉 陶園ティアラ 【大倉陶園】大倉陶園のティーカップ&ソーサ あやふや

打ち合わせ
(ただし、赤のヒペリカムは使わない) ・秋色アジサイが使いたい ・カスミソウ、ガーベラ、白斑入りのグリーンを使わない ・バラはカップ咲きのものを・・・ などなど、いろいろワガママを言ってきました。本当は使いたい花材がいろいろあるけど ドレスの雰囲気、花の
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。