モッコウバラ(木香茨)。その名

モッコウバラ(木香茨)。その名とは裏腹に香りがなく、とげもないのが特徴の、中国原産のバラです。日本では江戸時代から親しまれていて、今ではどんな住宅地でも見られるような、身近なバラとなりました。そんなモッコウバラが最近、再び注目を集めたのです。モッコウバラの原産は中国。江戸時代に日本に伝わってきた当初は漢名「木香花」をそのまま使っていましたが、現在は漢字で書くと「木香茨」となっています。木が香る茨、と書くにも関わらず、モッコウバラにはとげがありません。とげのないことが人気の大きな要因となっています。中国原産のモッコウバラが日本に伝わったのは江戸時代。当時日本を訪れたドイツ人医師、エルゲルト・ケンペルも日本でバラが栽培されていたことを記録に残しています。一般のバラのイメージとは少し違う白や黄の八重咲きの花は、当時の日本の家屋にもよく似合ったのではないでしょうか。実は日本は、バラの自生地として世界的にも知られています。我々が抱いているバラ=西洋のイメージは、正しいものではないと言えるでしょう。中でもモッコウバラは、最近では秋篠宮眞子様のお印として有名になりました。数あるバラの中でも特に日本人に愛されている品種なのです。


RSS関連リンク
埋葬と遺影
いて、湿っており、なんか白い菌糸みたいのが見えた。ばたまからキノコ生えちゃうかもしれない。もともと入っていた土は、バラの使用済みの土を乾燥させたもので、分解者があまりいなそうだったので、ちょうどよかったと思う。その上に培養土をかけて

Kd
るから一見メト好きは好そうな気もしますがそうでもないか(笑) しっかしiTunesとコカコーラのコラボで曲ダウンロード出来るやつ当たんない!箱で大人買いしてんのにバラで数本買ったのと合わせて3だか4曲分しか当たってないです。nanoもカードも当たん

5月を振り返って・・・??
5月を振り返って・・・??...タイプw あくまでフリーで入った子の中でのセレクトですよ!ただ、トータルバラ ンスでいえば、立川&吉祥寺といった西東京エリア、ハズレないな!あ、5月も結局、スペシャル愛モード@本厚木行き忘れたぁんw>>愛モード 本厚木
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。