バラというと真っ先に思い浮かべ

バラというと真っ先に思い浮かべる真紅のそれとは違い、白や黄色の可憐な花を咲かせるモッコウバラ。日本の家屋にもよく合う姿と、育てやすさで人気となっています。あまりにも身近なため、モッコウバラだと意識せず普段から目にしている花がそうだった、なんてこともあるはずです。白または黄色い花を咲かせるモッコウバラ。真紅やピンクのバラとは違い“ローズ”という雰囲気ではありません。一つ一つは小さいながらも、咲き乱れるときの美しさは、真紅のバラにも負けません。モッコウバラには一重咲きもありますが、八重咲きの可愛らしさが好まれているようです。眞子様のモッコウバラだけではなく、日本の皇族にはみなお印が定められています。例えば、皇后陛下は白樺、皇太子殿下は梓、皇太子妃殿下はハマナス、などなど。気づきましたか?そう、雅子様にもお印はあるのです。雅子様の場合はご成婚の儀とともに、お印が発表されました。皇族の徽章であるお印は、調度品や持ち物に記されるトレードマークのような役割だけではなく、その人の象徴のようにも使われます。実はお印は皇后陛下の白樺や眞子様のモッコウバラなど植物ばかりではありません。天皇陛下のお印「榮」は文字そのものだそうですよ。


RSS関連リンク
虹色のバラ
この“虹色のバラ”、名前はそのままレインボーローズというそうで、オランダから輸入した生のお花なんだとか。その着色技術は秘密国際パテントをとっているそうです。気になりますなぁ。 昨年のオランダの見本市で金賞を受賞。まだまだ日本では貴重で1 ...

モッコウバラ(木香茨)。その名

モッコウバラ(木香茨)。その名とは裏腹に香りがなく、とげもないのが特徴の、中国原産のバラです。日本では江戸時代から親しまれていて、今ではどんな住宅地でも見られるような、身近なバラとなりました。そんなモッコウバラが最近、再び注目を集めたのです。モッコウバラの原産は中国。江戸時代に日本に伝わってきた当初は漢名「木香花」をそのまま使っていましたが、現在は漢字で書くと「木香茨」となっています。木が香る茨、と書くにも関わらず、モッコウバラにはとげがありません。とげのないことが人気の大きな要因となっています。木香茨と書くからにはさぞかし鮮烈な木の香りが…と考えてしまいますが、モッコウバラの香りには少し複雑な事情があります。モッコウバラは白と黄色の2種類があるのですが、黄色の花はほぼ無臭。白い花には香りがありますが、木の香りではなく、素朴な甘い香りです。名前を知らない人も多いほど、あまりにも生活に密着しているモッコウバラ。絵で見てみると、逆に、これがモッコウバラかと新たな発見をさせられることも多々あります。今度街でモッコウバラを見かけたら、手にとってゆっくりと見てみてください。モッコウバラにはとげはありませんから、ご安心を…。


RSS関連リンク
[寄贈]大漁!!500マイルがバラまかれる・・・
コレは熱すぎる・・・ ばらまきすぎでしょー。。。 サクッと、500マイルをGETしちゃいましょう! "★大漁!!★500マイルがバラまかれる・・・" の続きを読む ≫. (記事提供者:マイレージ獲得で旅に出たい!) ...

大人の男女を演出するバラのフレグランスが誕生
1992年、フランス、パリのパレ・ロワイヤルで創業したフレグランスメゾン「パルファン・ロジーヌ パリ」から、女性・男性それぞれに向けたバラのフレグランスが誕生。10月1日より発売される。

[(^。^)]今朝のバラ
久しぶりに掲載。ちょっとこれから遠出します。
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。